平成29年度会長挨拶


  新年度がスタートするにあたり、ご挨拶申し上げます。
 

  平成28年度の予定をした協会事業は、皆様の協力を得て完了しました。協力に感謝し厚く御礼申し上げます。

  (公財)福島県体育協会会長に就任して以降、福島県のスポーツ振興のために全力で邁進してきました。2020年東京オリンピックに向けて、競技力向上対策、子どもの体力向上のため県内の企業、個人から資金の協力を募り自主財源の確保に向けた活動を展開して支援を呼び掛けています。

 

  平成29年度は「全国高等学校総合体育大会テニス競技(インターハイ)」が会津若松市で8月に開催されます。既に、高体連テニス専門部及び会津若松市実行委員会が中心となり大会運営の準備が進んでいます。設備は十分です。スタッフも経験があります。ですが、最後まで油断なく準備を進めて、記憶に残る大会を作り上げて行きましょう。

 

  各競技で普及事業が推進されている中、テニス競技では「プレイ+ステイ」を国際テニス連盟(ITF)が提唱し、「楽しくテニスをして(プレイ)、ずっとテニスに留まる(ステイ)」を目指しています。テニスは簡単で楽しく健康的なスポーツです。「サーブを打ってラリーをしてスコアを数えるスポーツ」というコンセプトは老若男女を問わずテニスを楽しむ構成です。たくさんの方とテニスで楽しみましょう。

  強化事業は、東北総合体育大会では成年女子が4年連続の優勝を飾り、成年男子は第3位に入り、国民体育大会に出場することができました。国民体育大会では、成年男子が大分県と対戦し1回戦敗退、成年女子は第6シードとして出場し1回戦(佐賀県)を勝利、続く2回戦では、岐阜県に敗退しました。また、少年男子、少年女子については、シード都道府県と対戦するところまで勝ち上がりましたが、シードに惜しくも敗れました。ジュニア選手の底上げは、今後の課題でもあります。

 

  福島県テニス協会では、福島県中体連加盟に向けて取組んでいます。中学校部活動の実績が増えています。底辺拡大は必至の事実です。中学校の部活動は高校、社会人にもつながり、福島県のテニスの発展につながります。

  良き選手を目指し、日常の挨拶、礼儀、言葉使いなどを身につけて、そして、各学校や各クラブの指導者やご父兄の皆様も、テニスを通じて人格を形成していくことに力点をおき、社会の一員として恥ずかしくないプレイヤーの育成に努めていきましょう。

 

  最後になりますが、福島県テニス協会の発展は選手と指導者とテニス愛好者の皆様が育んでいくものです。関係者が皆で未来のテニス競技発展の為、ご尽力下さることをお願い致します。また、ご支援、ご協力を頂いております(公財)日本テニス協会、東北テニス協会、福島県教育委員会、(公財)福島県体育協会の皆様、そして、スポンサー法人の皆様に対しまして改めて心より感謝申し上げます。

 

  以上、一歩ずつ確実に前進している皆様に期待し、会長挨拶と致します。

 

福島県テニス協会会長 須佐 喜夫